長襦袢今までに着物をお召しになられたことのあるご家族様がいらっしゃる場合は、その時に使用された着付け小物をお持ちでしたら特に新しく袴用に着付け小物を用意される必要はありません。
念のため、確認のリストをお伝えしますね。ご参考にしてくださいませ。

袴の着付けに必要な小物リスト

  • 長襦袢[ながじゅばん](半衿が縫い付けられているもの)
  • 着物[きもの]
  • 半巾帯[はんはばおび](浴衣用の単衣帯でも可)
  • 袴[はかま]
  • 履物[はきもの](草履やブーツなど)
  • 腰紐[こしひも] 4~5本
  • 伊達締め[だてじめ] 2本
  • 衿芯[えりしん](長襦袢に縫い付ける三河衿芯の場合は不要)
  • 伊達衿[だてえり]・比翼衿[ひよくえり]・重ね衿[かさねえり]※必要な方のみ
    (これらは呼び名は違いますがすべて同じ物を指します)
  • 帯板[おびいた](ハリの無い半巾帯の場合、あった方が綺麗に仕上がります)
  • 薄手のタオル2~3枚
  • 肌襦袢[はだじゅばん]
  • 裾除け[すそよけ]
  • 和装ブラジャー(お胸の大きい方)※スポーツブラでも可

その他、コーリンベルトなどの便利小物がありましたらご使用ください。着付依頼されます場合は便利小物などはなくても美しく着付けられますので、お持ちでない場合は新たに購入する必要はございませんのでご安心くださいね。

袴の着付けに必要な小物の詳細

袴の着付けに必要な小物の詳細をお伝えいたしますね。さらに詳しくお知りになりたい方は私の別サイトの詳細ページをご覧くださいませね。よろしくお願いいたします。

腰紐[こしひも] 4~5本

着付けに欠かせない腰紐は、補整に1本、長襦袢に2本、着物に2本あれば充分です。
腰紐の素材の種類はいろいろありますが、お勧めはモスリン。ウール素材で滑りにくくなっていますので着付けに最適なお紐です。素材に迷われたらモスリンの購入をお勧めいたします。
普通体型の方は、購入時に長さを気にされる必要はありませんが、ちょっとふくよかな方は、長尺腰紐もございますので、長めになっているお紐をご準備されますと、紐の長さが足りなくなるという心配がなくなりますね。分からないときは呉服店の方に聞いてみましょうね。

>> 腰紐の詳細ページ(管理人別サイト)

伊達締め[だてじめ] 2本

伊達締めは腰紐をかけた後に使用します。衿やおはしょりのズレを防ぐ役目があります。紐だけでは崩れにつながる部分を伊達締めをかけることでしっかりと押さえることが出来るのです。伊達締めは絶対になくてはならない物ではありませんができればご用意いただく方が美しく着付けられます。2本ご用意できない場合は1本だけでもご用意頂ければと思います。伊達締めの種類もいろいろとありますが、お勧めは博多織の伊達締めです。薄手で着姿に影響することなく、大変美しく仕上がります。本場筑前の博多織ですと効果ですが、安価なものでも正絹でしたら問題なく使えます。

>> 伊達締めの詳細ページ(管理人別サイト)

衿芯[えりしん]

長襦袢に半衿を縫い付けますね。半衿だけではハリがない為、衿をしっかりさせるために衿芯を使い着付けをします。衿芯のタイプは(1)半衿と一緒に縫い付ける三河衿芯、(2)長襦袢に縫い付けず着用の時に通して使用するポリエチレン素材の衿芯があります。
どちらのタイプでも着付に影響はありませんが、衿芯がない場合衿元がだらしなくなりますので長襦袢に衿芯が縫いついていない場合は通すタイプの衿芯を必ずご用意ください。

>> 衿芯の詳細ページ(管理人別サイト)

伊達衿[だてえり]・比翼衿[ひよくえり]・重ね衿[かさねえり]

伊達衿・比翼衿・重ね衿、これらは呼び名が違いますが、すべて同じものです。着物と長襦袢の間に細い線のようにアクセントとなる和装小物になります。衿元が大変華やかになります。この重ね衿は必ず必要な小物ではありません。用いることにより華やかな着姿になるお洒落アイテムとなります。お持ちでしたら是非お使いいただきたいと思います。

>> 重ね衿の詳細ページ(管理人別サイト)

帯板[おびいた]

帯板は着付師によって使用する場合と使用しない場合があります。また帯の厚みによっても変わってきます。ちなみに私は帯板を使うことが多いです。理由は帯にハリの無いやわらかい半巾帯の方が多く、帯板をしない着付にしますと袴の紐が体に喰い込んで苦しさを感じられることにつながると考えるからです。帯板を使用することで胃のあたりは帯板で守られます。

袴の着付けに必要な肌着

袴に限らず、着物と同じように和装の肌着を着用いたします。肌着をお召しになることで着物などへの汗移りを防ぐことが出来ます。

肌襦袢[はだじゅばん]

肌襦袢は和装の肌着です。上半身に着用します。袴の着付けの場合、肌襦袢でなくても洋装の肌着でも代用できます。綿製品で首回りがゆったりしているものをご用意ください。

>> 肌襦袢の詳細ページ(管理人別サイト)

裾除け[すそよけ]

裾除けは和装の肌着です。下半身の肌着として着用します。袴の着付けの場合、裾除けでなくても洋装の肌着(ペチコート)や膝丈のレギンスなどでも代用できます。

>> 裾よけの詳細ページ(管理人別サイト)

和装ブラジャー

洋服に洋装ブラジャーがあるのと同じように着物にも専用のブラジャーがあり和装姿を美しくします。普段着物では和装ブラジャーを着けない方も、改まったお席には和装ブラジャーの着用をお勧めいたします。左の写真は私愛用!お勧めの和装ブラジャーです。

>> 和装ブラジャーの詳細ページ(管理人別サイト)