チューリップ袴用ブーツは編み上げタイプが一般的ですね。草履の場合は大まかな寸法で対応できますが、ブーツの場合は足のサイズに合わせて用意されませんと、きつすぎたり緩すぎたりしますので、注意が必要ですね。

ブーツのサイズ選び

草履の場合、年が明ける前に準備をしても問題ありませんが、ブーツの場合、お嬢様の成長によっては早めにご用意されると卒業式当日にはブーツが少しきついということもあるかもしれません。ご購入の場合は年が明けてからの方がよろしいですね。

または少し大きめを購入しておき、卒業式当日にもまだ大きかった場合には、靴下を履いて調整されると良いですね。靴下の厚みである程度は調整可能ですので、厚手の靴下を一枚、厚手と薄手を合わせて重ね履きなど、卒業式前日に靴下を選んでおきましょう。

袴用ブーツを購入?レンタル?

袴用の編み上げブーツを購入するかレンタルにするかを迷うところかと思います。袴のセットをレンタルされる場合、ブーツのレンタルも可能ですが有料のところが多いです。袴や着物など必要なものを購入、またはご家族様のものをご用意される場合のブーツは、ブーツのみのレンタルは難しいかと思います。同額で編み上げブーツが購入できてしまうくらいですので、どうしても袴姿にブーツを合わせたい方の場合はご購入される方がよろしいかと思います。

▼レンタル用ブーツ(袴セントレンタル後利用者専用)

▼編み上げブーツ商品
   

手持ちのブーツを合わせる

冬になるとブーツを履かれる方が多いですね。普段履かれているブーツを袴に合わせてみても良いですね。見た目にもあまり派手すぎるものですとバランスが悪くなってしまいますが、編み上げブーツにこだわらなくても、黒や茶色でしたら合わせやすいと思います。一度合わせてみてくださいね。